中高年の婚活~50代

50代で婚活をする人は、事情も考え方も人それぞれで、ちょっと複雑な状況と言えそうです。

パートナーがいたけれど離婚してしまった人や、仕事に没頭していた人、結婚願望がない人、なんらかの事情で結婚出来なかった人などそれぞれでしょうが、大切なのは、いま現在自分が本心でどう思っているかという点と、自分が他の人と生活を組み立てていくということをどれだけリアルに考えているかという点に尽きるでしょう。

本当に結婚願望があるか

50歳という年齢を認識して、社会的に結婚をしていないことにマイナスを感じたというだけでは、結婚願望と言えるかどうかはかなり微妙です。

逆の言い方をすると、別に社会的にマイナスに見られないなら無理に結婚する必要はないという本音があるということで、こうした場合にはなかなか成立させるのは難しいでしょう。

結婚という形を求めているだけでは、相手の心も動きません。 自分の心がしっかり他人を受け容れる気持ちになっているか、そこをまず見つめてみてください。

他人と生活していく覚悟があるか

50代で初婚と言うと、実家で両親と暮らしているか一人暮らし歴が長いということでしょう。

離婚してすぐの人であれば別ですが、年月が経っているのであれば同じような状況です。 正直なところ、すべてが自分の好きなルールで進められる楽な生活を失ってまで、他人と生きていく覚悟が本当にあるかどうかが問われます。

結婚に甘い夢や幻想を抱ける年齢ではないと思いますが、今より楽が出来ると思って結婚を目指しているならかなり問題ですね。 他人を受け容れる修行を始めるつもりであれば、おそらくうまくいくでしょう。

現実をリアルに見ること

ある程度の収入のある男性に多い勘違いですが、そろそろ若い子を嫁にもらって子どもを作って幸せになろうという考えです。

自信があるのは良いですが、相当な資産家であったり地位があるなら可能かもしれませんが、自分が思っているほど異性としては世間の評価が高いわけではない現実を知らされる可能性があります。 芸能人がやっているからと言って自分も同じく出来るとは限りません。

長く付き合っている場合は別として、一般的に人は自分と同年代前後の相手を結婚相手に選びます。

ホームへ